スズとアートに触れる

「スズサポ」に参加する

日本・世界各国からいろんな人が珠洲に集まって、ボランティアサポーター「スズサポ」としてアートや地域に関わる活動をしています。年齢制限はなく、1日からでも、長期滞在も、初めての方も参加できます!「珠洲とつながりを持ちたい」「地域と深く関わりたい」「芸術祭のお手伝いをしてみたい」方を大募集しています。

  • スズサポのアテンド

    参加アーティストとアートワークをつくる

    芸術祭が開催されるのは秋。その夏の時期にアーティストの作品制作のお手伝いをします。
    地元のお母さんやお父さんも集まって奮闘することも!

  • アートワークのメンテナンス

    アートワークを案内する

    芸術祭の会期中は毎日約40ヵ所の作品をオープンし、来場者を迎えます。
    受付で作品鑑賞パスポートにスタンプを押したり、作品の案内、芸術祭グッズの販売をするところもあります。

  • 地元のお母さんと食堂のお手伝い

    地元のお母さんと食堂のお手伝い

    食とアートワークが一体となっている作品があります。食堂のお手伝いでは、地元のお母さんたちと珠洲の食材を使ったお弁当づくりをします。

  • イベントスタッフとして盛り上げる

    イベントスタッフとして盛り上げる

    イベント前の会場づくりから、お客さんの誘導、そして演者やアーティストが気持ちよくイベントを成し遂げられるよう、スタッフ全員で気持ちを合わせて望みます。

サポーターに参加するまでの流れ

  • 「スズサポ」メンバー登録をする

    Webサイトより、名前やメールアドレスなどを入力し、3分ほどで登録が完了します。スズサポ事務局より、登録されたあなたのアドレスへ定期的にメールが届きます。

    スズサポのアテンド
  • 活動を選ぶ

    募集中の活動情報は、メールやWebサイトに発信しています。興味のある活動の中から参加できる日をカレンダーから選びます。

  • 専用フォームから活動申し込み

    連絡先などの必要事項を入力して、活動の申し込みをします。

  • 「スズサポ」活動の参加決定

    入力漏れなく、活動申し込みが完了した後、スズサポ事務局より自動でメールが届きます。メールが届いたら申し込みが完了したお知らせです。

  • 活動確認メールの受け取り

    活動を申し込みした日の2〜3日前に、スズサポ事務局より詳しい活動確認メールが届きます。必要なものや集合時間を確認して当日を迎えてください。

  • 当日の活動に参加

    集合時間が早かったり、体力を使う作業もあります。体調を万全にして元気に活動に参加しましょう!

サポスズスタッフ わたしたちがアテンドします!

スズサポにご登録いただいた方に
定期メール「スズサポレター」を配信しています。

スズサポさんのある日の1日

  • 8:00朝礼に参加

    会期中は、毎日同じ場所で元気よく、朝礼をスタート。誰がどの作品を担当するのか、その日のイベントやツアーの情報などを共有します。気合いの言葉は「やっさー!」

  • 8:00アートワークの受付準備・開館作業

    作品ごとに受付をするためのバッグをお渡しします。その中にあるマニュアルを読み、作品をオープンします。お客さんを気持ちよく迎えるため、お掃除も欠かせません。

  • 8:00アートワークの受付

    開館時間になったら、作品をオープンし、お客さんを笑顔で迎えます。受付では、作品の外や施設内にテーブルと椅子を用意しています。

  • 8:00受付の報告・精算

    閉館時間が近づいてきたら、作品をクローズします。受付バッグを事務局まで持ち帰り、その日あったことをスタッフに伝えたり、お金の精算をして、1日の活動は終了です。

  • 8:00宿舎「日置ハウス」に到着

    宿泊初日は、事務局に集合しチェックインをします。日置ハウスに到着したら受付をし、館内の説明を受けます。ロッカーの鍵やシーツを受け取って自分の部屋へ向かいます。

  • 8:00食事・みんなで交流タイム

    スズサポさんと一緒に珠洲の食材がたっぷり使われたご飯を食べます。食後は自由時間!スズサポ同士でその日にあったエピソードを話したり、楽しい時間を過ごしてくださいね。

  • 8:00就寝

    次の日も笑顔でお客さんを迎えるためにしっかり休み、疲れを取ります。おやすみなさい。

スズサポ宿舎「日置ハウス」

日置ハウス

日置ハウスは、旧日置小中学校をリノベーションした滞在交流施設です。能登半島の外浦、日置地区の高台にあり、普段は自然を愛する人たちが集う宿泊施設です。
芸術祭期間はスズサポ宿舎となります。国内外から集まったスズサポの仲間や地元のおじいちゃんおばあちゃんたちとの交流の場にもなっているにぎやかな宿舎です。
晴れの日の夜は綺麗な星空を望んだり、近くに海もあるので朝少し早起きして海岸沿いを散歩するのも気持ちいいですよ。

  • 宿泊部屋

    宿泊部屋

    8人部屋が4部屋、4人部屋が1部屋の最大36人まで宿泊することができます。宿泊部屋は2段ベッドの男女別ドミトリータイプで、それぞれのベッドにカーテンを設けていますのでプライベート空間を確保できます。各個人に鍵付きロッカーも用意してあり安心です。同じ部屋のスズサポ同士でその日の活動を報告しあう日も。

  • バスルーム

    バスルーム

    男女別、最大4名様がご利用できるお風呂をご用意しています。ゆったりくつろげる広々した浴槽で疲れをとって次の日の活動に備えましょう。譲り合ってご利用ください。
    アメニティー:シャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤー※タオルのご用意はありません。

  • ランドリースペース

    ランドリースペース

    洗濯機と乾燥機を各4台ご用意しています。ご自由にご利用いただけます。特に制作期間に活動される方、長期滞在の方は荷物(着替え)も多くなると思いますので、ぜひ洗濯機を活用してください。
    ※洗剤もご用意しています。

  • ダイニングルーム

    ダイニングルーム

    芸術祭期間、宿泊するスズサポのみなさんは地元のお母さん方がこしらえてくれる、珠洲の食材をたっぷり使った朝食と夕食をいただけます。前回の芸術祭でも大人気の日置ハウスご飯。この味が忘れられず、再訪するスズサポリピーターもいたとか。
    また、キッチンスペースでは自炊が可能です。IHコンロ2口、アイランドキッチン2台、電子レンジ2つ、ポット3つ、炊飯器2つ、各種食器、各種調理機具が完備されています。
    フリースペースとしてもご利用いただけます。

日置ハウスご飯のメニュー例

ある日の朝食

朝食

きびと栗のごはん、わかめとえのきのみそ汁、かますの干物、焼きししとうのごま油、小松菜たまご焼き、赤大根の漬物

ある日の夕食

夕食

肉じゃが、シーチキン入りマカロニサラダ、イカ大根、粕漬

日置ハウススタッフ 自然豊かな日置ハウスでお待ちしています!

お願い

  • 集合場所の事務局から日置ハウスまでの送迎はスタッフが行います。自家用車で来られる方は、事務局の駐車場・日置ハウスの駐車場をご利用ください。
  • 日置ハウスの周辺にはコンビニ、スーパーはございません。事前に必要なものを揃えてから向かいましょう。
  • 食事は地元のお母さん方が心を込めて作ってくださいます。感謝していただきましょう。
  • 消灯は23:00です。その他、お風呂や洗濯機の使用時間など、時間やルールを守り、お互いが快適に過ごせるようにしましょう。
  • 貴重品等の管理は各自でお願いしています。